ハーモニーファミリークリニック新築工事

外観全景
(左はNPO法人Harmony「カーサ・ソレアード」右は「あるぷす薬局高畑店」)
三つの建物は別々のオーナーさんですが福祉と医療を連携した事業を行うために計画当初より一緒に設計のお手伝いをさせていただきました。外観は三棟の個性を活かしながらも共通の三角屋根とすることで一体感ある街並みを意識しました。

外観全景(右は薬局、左はカーサ・ソレアード)
建物の高さを合わせて一体感を創出
三棟の外壁のベースカラーは同じ模様の色違い

西側外観
車寄せと玄関がある大きな三角屋根が患者さんを迎えるシンボルとなる

車寄せ
大きな屋根の車寄せは雨の日でも患者さんは濡れずに建物内へ移動可能
木目柄の天井が建物のあたたかさを表現

待合室
明るいインテリアと高い天井が患者さんの気持ちを和らげる
左のガラス戸は玄関、右奥に特別待合室が見える

待合室
木造で構成された大きな待合室は、天井の四隅の登り梁と中央の「かぼちゃ束」と呼ばれる柱状の部材を組むことで可能となる
これは建築家吉田桂二氏が提唱する「間取りと架構の合一」の考えを継承した
右奥はキッズコーナー

待合室に隣接するキッズコーナー
ピンク色のカーペットと可愛い柄の壁紙による親しみのあるスペース

待合室からつながる授乳室と特別待合室のサイン
授乳室には洗面器とおむつ替えのスペースがある
サインのベースカラーはクリニックのイメージカラーのピンク

受付カウンター
壁の掲示板にあるパンフレット立てのガラスの仕切り
腰壁につく小さな棚板はバック置き場

中待合室
患者さんをリラックスさせる「光塔屋」と呼ぶ高い天井と北面の安定した光を取り入れる高窓
床に付いた地窓からは庭の植物が見える

光塔屋
中待合の高窓と西面外壁に付く館名サイン

中待合に面する庭
敷き砂利と敷石を持つ小庭は季節ごとに色々な表情を見せてくれる

浜北区にある内科、小児科、皮膚科、産婦人科など幅広い分野を診療されるファミリークリニックです。建物はやさしさを表現した三角屋根と清潔感を意識した外観としています。