NPO法人 Harmony様「カーサ・ソレアード」

外観全景(隣接するハーモニーファミリークリニックとあるぷす薬局高畑店)
三つの建物は別々のオーナーさんですが福祉と医療を連携した事業を行うために計画当初より一緒に設計のお手伝いをさせていただきました。
外観は三棟の個性を活かしながらも共通の三角屋根とすることで一体感ある街並みを意識しました。

西側外観
車椅子用駐車場は利用者さんの送迎用として8台分を用意
全ての駐車場で車の横と背面からの乗降が可能
勾配屋根とすることで周辺環境へのやさしさを表現

外観(右は隣接するハーモニーファミリークリニック)
建物の高さを合わせて一体感を創出
外壁のベースカラーは同じ模様の色違い

車寄せ
大きな屋根により雨の日でも利用者さんは濡れずに建物内へ移動可能
木目柄の天井が建物のあたたかさを演出

玄関ホールの案内表示
右は生活介護と放課後等デイサービスの施設「それあ~ど」の活動室
左は多目的室の「ソレアード・ホール」と相談室

生活介護・放課後等デイサービス「それあ~ど」の活動室
普段は建具で仕切り三室で利用
イベント時は建具を開放して大きな部屋となる
三角の天井は利用者さんに配慮したやさしい間接照明

建具で仕切った「それあ~ど」の活動室
腰から下は隣のクラスと別のカリキュラムができるように見えない
上部は職員同士の様子が分かるように透明ガラスとなっている

活動室に隣接する機械浴室
床はピンク色のやさしく暖かみのあるインテリア
暖房用にパネルヒーターを設置

「ソレアード・ホール」前の廊下
中廊下になるため「ライト・チムニー」と呼ぶ吹き抜けの上部に高窓を設置
四週が窓となっているため朝昼夕の時間によって様々な表情の光が廊下に降り注ぐ
右にある「ソレアード・ホール」とは建具を開放すれば一体的な利用が可能

「ライト・チムニー」を下から望む
空間のアクセントとなる「ぼんぼり」照明
下に見えるガラスの三角窓は「ソレアード・ホール」と繋がる

ソレアード・ホール
普段は食堂やミーティングとして使うが理事長の講演や各種交流事業も行う
左側天井の三角の開口の奥に「ライト・チムニー」が見える

ソレアード・ホール(建具を開放し廊下と一体化)
木造で構成されたこの大きな空間は、天井の四隅の登り梁と中央の「かぼちゃ束」と呼ばれる柱状の部材を組むことで可能となる
これは建築家吉田桂二氏が提唱する「間取りと架構の合一」の考えを継承したものである

ソレアード・ホール(建て方最中の登り梁と「かぼちゃ束」)
工事中に「かぼちゃ束」の真下から撮影
屋根を掛ける前の一瞬のタイミングを狙って撮影した背景の青空とのコントラストが美しいお気に入りの一枚

「ライト・チムニー」夜景
「ライト・チムニー」内に仕込んだ「ぼんぼり」照明により夜は光が外部にこぼれ出る

NPO法人 Harmony様の新しい活動拠点となる「カーサ・ソレアード」です。事務室、活動室、多目的室からなる建物で木造平屋建てのメリットを活かした造りとなっています。
深い軒先がある大きな屋根と小屋裏空間を利用した高い天井が特徴的です。