医療法人社団千寿会様 鈴木内科 新築工事

外観正面全景
左の四角い部分が待合室で、その右が玄関、一番右は併設する住宅

診療所外観
白い待合室の外壁は、表面の模様が違う3種類のタイルを貼り、光の当たり方で様々な表情を作り出す
交差点の角に立つクリニックの白い待合室は、地域を見守り照らす行灯をイメージ

診療所玄関
白い待合室の隣が正面玄関
玄関右は、患者さんの目を和ませる庭

玄関横の庭
敷石と砂利、苔でデザインされモダンでありながら、懐かしい雰囲気を合せ持つ

待合室(受付方向を見る)
右のガラス戸は玄関、正面が受付
各面に配置された高窓により、どの時間でも明るい室内

待合室(受付から見る)
ランダムに配置された四角い窓から差し込んでくる光は、時間と共に移動し室内の表情に変化を与える
足元の地窓からは外の緑が見え、患者さんをリラックスさせる

受付前から検査室方向を見る
廊下の左手が中待合い、突き当りは検査待合いで普段は扉が閉まり見えない

中待合い
二つある診察室の前にある中待合い
天井ルーバーの上部に窓があり、明るくリラックスできる空間である

検査待合い
CT室、レントゲン室、内視鏡室など検査部門の待合室
中待合いと同じように、天井から光が降り注ぐ
突き当りの窓からも庭が見え、風が通る

処置室
左奥のブースは、内視鏡検査用のリカバリーコーナー
近くに、更衣室と便所を配置

便所前の廊下
待合室の近くにある患者さん用の便所は、明るい廊下から庭も見られる

外観夜景
待合室のランダムに配置された窓からこぼれる光が、夜景のアクセントになる
歩行者通路は車道と分離し、建物横の長い庇は雨天時の車の乗降にも配慮し、患者さんにやさしい建物を目指した

医療法人社団千寿会様の新築移転のクリニックです。従来より診察室や待合室、検査部門が拡充され、室内は明るくゆとりある空間になっています。